産経WEST

覚醒剤使用の疑いで枚方市立小講師の27歳男を逮捕 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


覚醒剤使用の疑いで枚方市立小講師の27歳男を逮捕 大阪府警

 大阪府警天満署は6日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、同府枚方市立桜丘小講師、喜野遼(きの・はるか)容疑者(27)=大阪市北区=を逮捕した。「腕に覚醒剤を打った」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、2月下旬から今月6日までの間、覚醒剤を若干量使用したとしている。

 同署によると、6日午前0時35分ごろ、同市西天満の路上で、パトカーで警戒中の同署員がふらつきながら歩く喜野容疑者を発見。逃走しようとしたため、職務質問して同署で任意の尿検査をしたところ、覚醒剤の陽性反応が出たことから緊急逮捕した。

 枚方市教委などによると、喜野容疑者は平成25年、同市内の小学校の臨時講師として着任。昨年8月からは育児休暇中の教諭に代わり、桜丘小の常勤講師として3~6年の少人数クラスの算数を担当していた。勤務態度に問題はなかったという。

「産経WEST」のランキング