産経WEST

悪質すぎる…線路にガスボンベ、特急接触 JR予讃線、乗客けがなし

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


悪質すぎる…線路にガスボンベ、特急接触 JR予讃線、乗客けがなし

 5日午後6時45分ごろ、香川県坂出市江尻町、JR予讃線坂出-八十場間の上り線で、松山発高松行き特急電車「いしづち26号」が線路上にあったプロパンガスのボンベと接触した。車両下部の部品が破損したが乗客約30人にけがはなかった。

 香川県警坂出署は、何者かがガスボンベを置いた悪質ないたずらとみて往来危険容疑で捜査。ボンベの中身や線路周辺を調べる。

 JR四国によると、現場は坂出駅から約1・4キロ。運転士がボンベを発見しブレーキをかけたが間に合わなかった。そのまま通過し、八十場駅の次の鴨川駅で停車。破損部品を修理するため、乗客は同駅で後続の快速電車に乗り換えた。

「産経WEST」のランキング