産経WEST

【鉄道ファン必見】「世界初の自動改札」導入50年…阪急が記念入場券、気になるデザインは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見】
「世界初の自動改札」導入50年…阪急が記念入場券、気になるデザインは

昭和42年、北千里駅に自動改札機が導入された当時のポスター。かつてはお札を入れてしまう人もいたとか(阪急提供) 昭和42年、北千里駅に自動改札機が導入された当時のポスター。かつてはお札を入れてしまう人もいたとか(阪急提供)

 阪急北千里駅(大阪府吹田市)で世界初の自動改札システムが実用化されて50年になるのを記念し、同駅で5日、記念入場券が配布された。当時、「出改札業務の自動化時代の到来」と大きな話題になった自動改札機の導入とあって、記念入場券を手に当時を振り返る高齢者らの姿も目立った。

 鉄道向けの自動改札機は、昭和42年3月、阪急千里線南千里-北千里間の延伸開業に合わせ、北千里駅で本格導入され、普通券用と定期券用の計10台が設置された。2007年には、阪急などが米電気電子学会(IEEE)の「マイルストーン賞」を受賞している。

 この日、北千里駅では「改札機導入50周年記念」と印刷された入場券が配られた。自動改札機の映像資料やパネル展示、グッズ販売コーナーが設けられ、終日にぎわった。

 同駅では今月1日から、復刻版入場券がついた入場券セット(600円)も限定販売しており、こちらも人気という。

 当時を知る同市の無職、河口宏さん(81)は、「当時はまだ誰も見たことのない機械。お札を直接改札機に入れている人もいましたよ」と懐かしんでいた。

このニュースの写真

  • 「世界初の自動改札」導入50年…阪急が記念入場券、気になるデザインは
  • 「世界初の自動改札」導入50年…阪急が記念入場券、気になるデザインは

関連ニュース

「産経WEST」のランキング