産経WEST

「大学誘致で都会に負けないように…」学部新設で愛媛・今治市が所有地を無償譲渡 岡山理科大運営法人に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「大学誘致で都会に負けないように…」学部新設で愛媛・今治市が所有地を無償譲渡 岡山理科大運営法人に

 地域限定で規制を緩和する政府の国家戦略特区を活用し、愛媛県今治市に岡山理科大の獣医学部が新設される計画で、今治市は3日までに、大学を運営する学校法人加計学園(岡山市)に対し、所有地を建設予定地として無償譲渡し、施設整備費96億円を助成することを決めた。市議会は3日、関連議案を賛成多数で可決した。

 今治市の担当者は無償譲渡や助成金について「大学誘致で都会に負けないように、以前から計画の中で想定していた」と説明している。

 今治市によると、無償譲渡する所有地は、同市いこいの丘にある16・8ヘクタール。市が取得した際の価格は36億7500万円。施設整備費はキャンパスの建設や研究機材の購入などを想定している。

 政府が今年1月、新設計画を認定。平成30年4月の開設を目指し、今月中にも着工する見通し。獣医学部の新設は52年ぶり。

 加計学園は、岡山理科大のほか、千葉科学大(千葉県銚子市)、倉敷芸術科学大(岡山県倉敷市)などを運営している。

「産経WEST」のランキング