産経WEST

児童相談所を旧小学校分校に タワーマン内設置を断念 大阪市

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


児童相談所を旧小学校分校に タワーマン内設置を断念 大阪市

 大阪市は3日、市北部に開設を計画している市内3カ所目の児童相談所「北部こども相談センター」について、東淀川区の旧市立西淡路小学校分校(約1900平方メートル)に建設する方針を決めた。同日の戦略会議で複数の候補地が挙がり、同分校が最適と判断した。平成32年度中の開設を目指す。

 北部こども相談センターの開設をめぐり市は当初、北区のタワーマンション内に区分所有するフロアの利用を検討していたが、住民の反対で昨年12月に頓挫。新たな候補地の選定を進めていた。

 同分校は虐待を受けたり非行をしたりした子供たちが身を置く「一時保護所」を設置できる広さがある。また、阪急電鉄淡路駅や、JRおおさか東線の延伸で31年春に開業する新駅からアクセスできることなどが評価された。すでに地元自治会などから理解も得られているという。

 吉村洋文市長は「近くには公園などもあり、環境は良い」と評価。校舎は耐震基準を満たしていないため31年度から取り壊し、跡地にセンターを新築する。総工費は約14~15億円となる見込み。北、都島、福島、西淀川、淀川、東淀川、旭の7区を所管する予定。

「産経WEST」のランキング