産経WEST

淡路島5人刺殺で死刑求刑 検察「完全責任能力あった」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


淡路島5人刺殺で死刑求刑 検察「完全責任能力あった」

兵庫県洲本市の5人刺殺事件があった現場。右手前奥の住宅は平野達彦被告の自宅=平成27年 兵庫県洲本市の5人刺殺事件があった現場。右手前奥の住宅は平野達彦被告の自宅=平成27年

 兵庫県洲本市で平成27年3月、男女5人が刺殺された事件で、殺人などの罪に問われた無職、平野達彦被告(42)の裁判員裁判の論告求刑公判が3日、神戸地裁(長井秀典裁判長)で開かれた。検察側は「5人を次々に殺害した残忍な犯行。精神障害の影響は限定的で、被告には完全責任能力があった」として死刑を求刑した。判決は22日に言い渡される。

 平野被告に対しては起訴前と起訴後の2度にわたり精神鑑定が行われており、最大の争点は刑事責任能力。検察側は論告で「鑑定した2人の医師はいずれも犯行時の精神状況は正常だったと証言した」と指摘。事件前にサバイバルナイフを購入したり、殺人罪の量刑をインターネットで調べたりしていたことを挙げ、「犯行には計画性があり、合理的な判断に基づいて行われた」と強調した。

 続いて犠牲者の遺族も被害者参加制度に基づいて求刑意見を述べ、「社会に戻ると同じ犯罪を繰り返す可能性が高い。最後まで反省もなく、これからも期待できない」と強い口調で極刑を求めた。

 これに対し弁護側は最終弁論で、犯人性は争わないとしながらも、動機や責任能力をめぐり検察側の主張に反論。平野被告はこれまでの公判で5人を刺殺したことは認める一方、「工作員に脳を乗っ取られた」と自らの意志ではなかったと供述している。

 起訴状によると、平野被告は27年3月9日午前4~7時10分ごろ、洲本市中川原町中川原の自宅近くの住宅2軒を相次いで襲撃。平野毅さん=当時(82)=夫妻と平野浩之さん=当時(62)=方の3人をサバイバルナイフで刺殺したとしている。

 平野被告は殺人未遂容疑で現行犯逮捕された後、容疑を殺人に切り替えて送検。鑑定留置を経て、27年9月に起訴された。

「産経WEST」のランキング