産経WEST

鴻海、中国・広州で2018年末に8K液晶テレビ生産開始 東京五輪に向け世界で販売

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


鴻海、中国・広州で2018年末に8K液晶テレビ生産開始 東京五輪に向け世界で販売

液晶テレビ工場に着工し、高精細な画質でシャープブランドの8Kテレビを生産すると表明した鴻海精密工業の郭台銘会長=中国・広州市 液晶テレビ工場に着工し、高精細な画質でシャープブランドの8Kテレビを生産すると表明した鴻海精密工業の郭台銘会長=中国・広州市

 【広州=石川有紀】昨年8月にシャープを買収した台湾・鴻(ホン)海(ハイ)精密工業は1日、中国・広州市で新設する世界最大級の液晶パネル工場の起工式を行った。同市内で会見した鴻海の郭台銘会長は「2020年の東京五輪には、日本人だけでなく全世界の人が8Kテレビをみる」と述べ、18年末にも世界初となる超高精細の8K液晶テレビの製造を開始する意向を示した。

 広州市と共同で610億元(約1兆円)を投じ、世界最大のガラス基板を使う「10・5世代」と呼ばれる工場で約1万5千人の雇用を創出。シャープと鴻海が共同運営する液晶パネル製造会社、堺ディスプレイプロダクト(SDP、堺市)が運営し、シャープブランドで65インチと75インチの8Kテレビ用パネルを中国市場や全世界向けに生産する。SDPの「10世代」工場で大型パネルを効率良く製品化してきたシャープの液晶技術とブランドを生かし、パネルから製品までの一貫生産体制を構築する。

 鴻海は受託製造業(EMS)の最大手で、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などを中国で生産して売上高15兆円規模に成長した。鴻海は製造業の国内回帰を目指すトランプ米大統領の意向を受け、シャープと共同で米国での液晶工場建設も検討している。

「産経WEST」のランキング