産経WEST

シャープと鴻海の合弁3社上場方針、医療事業など対象

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シャープと鴻海の合弁3社上場方針、医療事業など対象

台北市内で、シャープの戴正呉社長(左)と並んで会見する鴻海精密工業の郭台銘会長 台北市内で、シャープの戴正呉社長(左)と並んで会見する鴻海精密工業の郭台銘会長

 シャープは27日、医療・健康事業の一部を分社化して設立する会社など、親会社の鴻海精密工業と共同で手掛ける3社を将来的に上場させる方針を明らかにした。

 シャープ首脳が「(事業をシャープから独立させるのは)IPO(新規株式公開)ができるメリットがある。当たり前のことだ」と記者団に話した。具体的な上場時期や上場先などについては言及しなかった。

 昨年秋にシャープと鴻海が共同で設立した知的財産を管理する会社や、シャープの物流部門を切り離して鴻海傘下に移した会社も対象だという。

 医療関連の新会社はシャープが3月1日付で対象事業を切り出して、持ち株会社と事業会社を設立する。

「産経WEST」のランキング