産経WEST

【銀幕裏の声】ヒット映画のキーワードは「空襲」-ブラピ&ロバート・ゼメキス、ティム・バートン…世界の映画人が込めたメッセージは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
ヒット映画のキーワードは「空襲」-ブラピ&ロバート・ゼメキス、ティム・バートン…世界の映画人が込めたメッセージは

「海賊とよばれた男」のB29が飛来する東京大空襲シーンは圧巻だ (C)2016「海賊とよばれた男」製作委員会 (C)百田尚樹/講談社 「海賊とよばれた男」のB29が飛来する東京大空襲シーンは圧巻だ (C)2016「海賊とよばれた男」製作委員会 (C)百田尚樹/講談社

 だが、隣で聞いていた片渕監督はこう反応した。「映画館で涙を流している人は多い。私は原作に忠実にアニメ化した。原作がいかにドラマチックだったかということの証明です」

胸に突き付ける空襲映像

 次に「マリアンヌ」。

 第二次世界大戦下、ロンドンで新婚生活を送る英国諜報員マックス(ピット)と妻、マリアンヌ(コティヤール)と生まれたばかりの一人娘。ある夜、3人が暮らす家の上空にドイツ軍の爆撃機が飛来、その中の一機が被弾し、墜落するシーンには思わず息をのむ。

 炎をあげて落ちてくる爆撃機。家族を守ろうと2人を抱いてうずくまるマックス…。これまで「バック・トゥ・ザ・フューチャー」など数々のエンターテインメント大作を手掛けてきたハリウッドの巨匠、ロバート・ゼメキス監督は、一瞬にして日常の幸せが奪われる恐怖を、圧倒的な迫力あるCG映像で見る者に突き付けてくる。

 これに対し、「海賊とよばれた男」冒頭の米爆撃機B29による東京大空襲のシーンもハリウッド大作に負けない臨場感に満ちたCG映像だ。空襲で家を焼かれた出光興産創業者、出光佐三が石油事業で日本を再生させようと決意を固める場面を、山崎監督率いる日本屈指のVFXチームが渾身の技術で映像化している。

 一方、「ミス・ペレグリン~」で描かれる空襲場面は一風変わっている。

 舞台は現代。内気な少年ジェイク(エイサ・バターフィールド)は唯一人の理解者である祖父の冒険話を聞くことに夢中になっていた。ある夜、ジェイクは、祖父が話していた第二次世界大戦中の1940年9月3日にタイムスリップ。そこで目の当たりにした光景は、ドイツ軍機による空襲だった。知り合った子供たちと一緒に逃げ出そうとしたとき。爆撃機から投下された爆弾が目の前まで迫っていた。だが、直撃するかと思った瞬間、タイムスリップし…。

続きを読む

このニュースの写真

  • ヒット映画のキーワードは「空襲」-ブラピ&ロバート・ゼメキス、ティム・バートン…世界の映画人が込めたメッセージは
  • ヒット映画のキーワードは「空襲」-ブラピ&ロバート・ゼメキス、ティム・バートン…世界の映画人が込めたメッセージは
  • ヒット映画のキーワードは「空襲」-ブラピ&ロバート・ゼメキス、ティム・バートン…世界の映画人が込めたメッセージは

「産経WEST」のランキング