産経WEST

【銀幕裏の声】ヒット映画のキーワードは「空襲」-ブラピ&ロバート・ゼメキス、ティム・バートン…世界の映画人が込めたメッセージは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
ヒット映画のキーワードは「空襲」-ブラピ&ロバート・ゼメキス、ティム・バートン…世界の映画人が込めたメッセージは

「海賊とよばれた男」のB29が飛来する東京大空襲シーンは圧巻だ (C)2016「海賊とよばれた男」製作委員会 (C)百田尚樹/講談社 「海賊とよばれた男」のB29が飛来する東京大空襲シーンは圧巻だ (C)2016「海賊とよばれた男」製作委員会 (C)百田尚樹/講談社

 現在公開中のヒット映画のキーワードは“空襲”かもしれない。ハリウッドスター、ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールの豪華共演で話題のロバート・ゼメキス監督最新作「マリアンヌ」、鬼才ティム・バートンのSF大作「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」、日本の山崎貴監督の邦画大作「海賊とよばれた男」、宮崎駿監督の演出補を務めた片渕須直監督のアニメ「この世界の片隅に」。これら日米4本の映画はまったくジャンルが違うが共通点がある。“空襲”だ。いずれも爆撃機が登場し、主人公たちの日常生活を奪っていく。なぜ平和な今、世界の巨匠たちは同時多発的に“空襲”の恐怖を映画で描くのか。(戸津井康之)

繰り返される空襲シーン

 「何度も何度も防空壕へ逃げ込む場面を描いています。こんなに空襲シーンが描かれた作品はこれまでなかったと思いますよ」

 昨年11月の公開以来、上映館を拡大させながら異例のロングヒットを続けている「この世界~」の原作者である漫画家、こうの史代さんは取材中、苦笑しながら語り、こう続けた。「でも、これが第二次世界大戦中の広島の人々の日常生活の姿だったんですよ」と。

 広島市で生まれ育った18歳のすずは昭和19年、結婚し呉市へ。軍港・呉への米軍機による空襲は連日激しさを増していく。そして20年8月6日、広島市へ原爆が投下される…。

 広島出身のこうのさんは、戦時下の市民の日常生活を漫画で克明に描くために、地元の戦争体験者たちに会い、多くの証言を集めて原作を描いた。

 「実は連載中、出版社の編集部では不評だったんです。淡々と日常生活を描いていただけだから…」とこうのさんは明かした。

続きを読む

このニュースの写真

  • ヒット映画のキーワードは「空襲」-ブラピ&ロバート・ゼメキス、ティム・バートン…世界の映画人が込めたメッセージは
  • ヒット映画のキーワードは「空襲」-ブラピ&ロバート・ゼメキス、ティム・バートン…世界の映画人が込めたメッセージは
  • ヒット映画のキーワードは「空襲」-ブラピ&ロバート・ゼメキス、ティム・バートン…世界の映画人が込めたメッセージは

「産経WEST」のランキング