産経WEST

【竹島の日・動画】韓国議員の竹島上陸に「毅然たる対応を」…記念式典で島根知事 政務官も出席

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【竹島の日・動画】
韓国議員の竹島上陸に「毅然たる対応を」…記念式典で島根知事 政務官も出席

「竹島の日」記念式典で挨拶する島根県の溝口善兵衛知事=22日午後、島根県松江市(山田哲司撮影) 「竹島の日」記念式典で挨拶する島根県の溝口善兵衛知事=22日午後、島根県松江市(山田哲司撮影)

 韓国が不法占拠を続ける竹島(島根県隠岐の島町)の早期領土権確立を求め、同県が定めた「竹島の日」の22日、松江市の県民会館で記念式典が開かれた。韓国・釜山の日本総領事館前への慰安婦像設置をめぐり、日本側が駐韓大使を一時帰国させるなど日韓関係が厳しい状況に陥る中で迎えたこの日、溝口善兵衛知事は韓国国会議員らの竹島上陸に触れ、「極めて遺憾。政府は毅然(きぜん)とした姿勢で対応を」と訴えた。

 記念式典は島根県などが主催し、今年で12回目。政府からは務台(むたい)俊介内閣府政務官が出席し、「竹島にも慰安婦像を設置しようとする韓国の動きは、受け入れられない」と批判した。政務官の派遣は第2次安倍晋三内閣発足以後5年間続いているが、県が求めた首相や関係閣僚らの出席は今回も見送られ、政府主催の式典も実現していない。

 式典にはこのほか、超党派の領土議連や地元選出の国会議員8人を含め、460人が出席。竹島領土権確立隠岐期成同盟会長を務める池田高世偉(こうせい)隠岐の島町長は「埋もれた竹島に関する記録や記憶を掘り起こす活動は地元の責務だが、町や県の取り組みには限界がある」とし、政府に基本姿勢を強く示すよう求めた。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング