産経WEST

武装工作員が上陸?! 滋賀県警と陸自が共同実動訓練 滋賀・高島

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


武装工作員が上陸?! 滋賀県警と陸自が共同実動訓練 滋賀・高島

パトカーの先導で、移動訓練を行う自衛隊の戦闘車両=21日、高島市 パトカーの先導で、移動訓練を行う自衛隊の戦闘車両=21日、高島市

 外国の武装工作員が県内に上陸した場合、襲撃前に阻止したり、自衛隊の車両を速やかに配置したりするため、滋賀県警と陸上自衛隊の共同実動訓練が21日、陸自今津駐屯地(同県高島市今津町今津)で行われた。県警と同駐屯地第3戦車大隊の計約60人が参加し、戦闘車両の移動方法や工作員への対処などを確認した。

 緊急時の連携を確認しようと毎年実施しており、今回で6回目。訓練の開始式では、県警本部の原田篤警備部長が「警察、自衛隊両組織の機能を最大限に生かし、迅速に対応できる関係を構築する」と訓示し、第3戦車大隊長の岩男保博訓練統裁官は「相互理解の促進を図り、各種事態に対する共同対処の実効性をさらに向上させてもらいたい」と述べた。

 訓練では、銃などの強力な殺傷力を持つ武器を所持した武装工作員が県内に上陸した-と想定。

 パトカーの先導で、自衛隊の車両が一般道路を移動するための訓練や、検問などを実施して襲撃を事前に阻止するための一連の流れを確認するなどした。続いて、武装工作員を発見、制圧する動きの確認なども行い、連携を強化していた。

「産経WEST」のランキング