産経WEST

【歴史インサイド】大河ドラマ「おんな城主」真っ向否定の直虎男性説 キャンペーン真っ最中…ゆかりの地で上がった意外な声

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【歴史インサイド】
大河ドラマ「おんな城主」真っ向否定の直虎男性説 キャンペーン真っ最中…ゆかりの地で上がった意外な声

井伊直虎を模したマスコットキャラクター「出世法師直虎ちゃん」(右)。突然わき起こった「直虎男性説」に何を思う…(浜松市提供) 井伊直虎を模したマスコットキャラクター「出世法師直虎ちゃん」(右)。突然わき起こった「直虎男性説」に何を思う…(浜松市提供)

 井伊直虎、実は男だった-。こんな新説が駆け巡ったのは、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放映を翌月に控えた昨年12月のこと。井伊美術館(京都市東山区)が、井伊家が所有する古文書の中に「井伊直虎」が男性だったと読み取れる記述があったと発表したのだ。これまで直虎は女性と考えられており、大河ドラマでも女優の柴咲コウさんが演じている。ドラマの根幹を揺るがしかねない新説だったが、NHKは「ドラマはあくまでもフィクション」(広報局)と平静を装った。ただ、ゆかりの地・浜松市では放映に合わせ、観光ツアーが企画されるなど盛り上がりを見せていた。「水を差された」格好の関係者は、さぞ怒り心頭と思ったが…。

直虎は「今川家武将の甥」

 「ひっくり返るような記述を見て、驚いた」

 こう話すのは、井伊家ゆかりの美術品などを保存・展示する井伊美術館の井伊達夫館長だ。

 井伊館長によると、「直虎男性説」の根拠となった古文書は約50年前、彦根藩主・井伊家の居城・彦根城がある滋賀県彦根市内の古道具店で購入。しばらく保管したままになっていたのだが、昨年8月末、別件のテレビ局の取材の際、直虎に関する記述を見つけたという。

 見つかった古文書は『雑秘説写記(ざつひせつしゃき)』と呼ばれるもの。直虎を補佐していた今川家の武将・新野左馬助親矩(にいのさまのすけちかのり)の娘らから彦根藩の家老(新野の孫)が寛永17(1640)年に聞き書きし、それをさらに子孫が約100年後にまとめたものだった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 大河ドラマ「おんな城主」真っ向否定の直虎男性説 キャンペーン真っ最中…ゆかりの地で上がった意外な声
  • 大河ドラマ「おんな城主」真っ向否定の直虎男性説 キャンペーン真っ最中…ゆかりの地で上がった意外な声

「産経WEST」のランキング