産経WEST

【衝撃事件の核心】「中国の土産物屋で数千円レベル」なんでも鑑定団〝国宝級茶碗〟騒動余波 ネットも過熱「娯楽番組では済まされないぞ」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「中国の土産物屋で数千円レベル」なんでも鑑定団〝国宝級茶碗〟騒動余波 ネットも過熱「娯楽番組では済まされないぞ」

昨年12月の人気番組「開運!なんでも鑑定団」で「国宝級の曜変天目」と鑑定された茶碗。専門家から「似ても似つかない」などと疑義が相次いだ(テレビ東京の放送画面から) 昨年12月の人気番組「開運!なんでも鑑定団」で「国宝級の曜変天目」と鑑定された茶碗。専門家から「似ても似つかない」などと疑義が相次いだ(テレビ東京の放送画面から)

 業者が偽物と分かっていながら本物と称して販売する悪質なケースでは、これまでに詐欺罪に問われた事例がある。ただ、「業者が間違った鑑定を信じて販売した場合は故意ではないため、罪に問うことは難しい」(捜査関係者)とされる。

 長江さんも「ちょっと探せば日本でも同じようなものが手に入る。これが出回れば曜変天目の〝本物〟が世にあふれ、茶碗自体の歴史的価値が下がってしまうことにもなりかねない」と危機感をあらわにする。

〝再鑑定〟どうなる?

 今回の“発見”はいまやメディアの報道を通じて世界中に拡散されている。

 ネット上では「娯楽番組だから真偽はどうでもよい」とする声がある一方、「もし偽物だったら残念でならない」「あれだけの人気番組の鑑定なら鑑定の根拠を知りたい」という声も上がっている。

 長江さんは「いくら娯楽番組といっても、値段という客観的な評価をつけるのであればその根拠を示すべきだと思う」と話す。

 真相は現在、曜変天目茶碗の漆黒よりも深い闇の中にある。「鑑定結果は番組独自の見解に基づくもの。番組の制作過程はお答えしていない」(広報部)と説明しようとしないテレビ東京は、ここまでの騒動を引き起こした番組の鑑定結果をどう〝再鑑定〟するのだろうか。

このニュースの写真

  • 「中国の土産物屋で数千円レベル」なんでも鑑定団〝国宝級茶碗〟騒動余波 ネットも過熱「娯楽番組では済まされないぞ」

関連ニュース

「産経WEST」のランキング