産経WEST

母殺害疑い高3男子逮捕、物置に遺体 三重

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


母殺害疑い高3男子逮捕、物置に遺体 三重

 三重県警は15日、同県四日市市の自宅で母親(47)を殺害し遺体を放置したとして、殺人と死体遺棄の疑いで高校3年の長男(18)を逮捕した。県警によると「自分がやった」と容疑を認めており、動機を調べている。母親の首には刃物で複数回刺された痕があった。

 逮捕容疑は、14日午前6時40分~午後7時ごろ、自宅で母親を殺害し、物置に遺体を放置した疑い。

 14日午後11時ごろ、父親(48)から「妻が死んでいる。息子が殺したかもしれない」と110番があり、駆け付けた捜査員が敷地内の物置で遺体を見つけた。自宅にいた長男に事情を聴くと容疑を認めた。

 自宅の床には血痕を拭き取ったような跡があった。凶器は自宅にあった刃物とみられるが、血は付いていなかった。県警は事件発覚を恐れて洗い流したとみている。

 一家は父親と母親、長男に中学生の長女の4人暮らし。長男は大学受験の期間で、学校は休みだった。

「産経WEST」のランキング