産経WEST

【京都府立医大捜索】山口組分裂・会津小鉄会内紛への影響は…収監された高山受刑者がキーマン

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【京都府立医大捜索】
山口組分裂・会津小鉄会内紛への影響は…収監された高山受刑者がキーマン

京都府立医科大学附属病院 外観=14日午後、京都市上京区 京都府立医科大学附属病院 外観=14日午後、京都市上京区

 大阪刑務所に14日収監された指定暴力団山口組直系「淡海(おうみ)一家」(大津市)総長の高山義友希(よしゆき)受刑者(60)。トップの後継問題をめぐり分裂状態になっている指定暴力団会津小鉄会(京都市)元会長の長男で、山口組トップの篠田建市(通称・司忍)組長の出身母体「弘道会」(名古屋市)との結びつきも強い。

 関係者によると、高山受刑者は大学卒業後、父親で会津小鉄会の故・高山登久太郎(とくたろう)元会長の威光を背景に滋賀県などで建築業などを営んでいたが、事業に失敗し、多額の借金を抱えた。これがもとで登久太郎元会長は権威が失墜、引退に追い込まれたとされる。

 その後、弘道会入りし、大津市に本拠を置く淡海一家を設立。平成22年には京都市の土建業者から計約4千万円を脅し取ったとして恐喝容疑で京都府警に逮捕された。事件では、山口組ナンバー2だった弘道会会長(当時)も逮捕されたが、背景には2人が当時、会津小鉄会の地元・京都で勢力を拡大しようと画策していたこともあったとみられる。

 会津小鉄会では今年に入り、山口組から分裂した指定暴力団神戸山口組に近いとされる会長の後継をめぐる内部対立が表面化。山口組と神戸山口組に近い組員らが別々の幹部を新たなトップとして擁立し、山口組分裂の「代理戦争」の様相を呈している。ただ、高山受刑者は27年に懲役8年の実刑判決が確定したこともあり、最近は存在感が薄くなっていたようだ。元暴力団関係者は「弘道会に金を吸い上げられ、影響力はほぼない」との見方を示す。

 一方、警察当局は、今回の収監が山口組の分裂抗争や会津小鉄会の内紛に影響を与える可能性もあるとみて警戒している。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング