産経WEST

会津小鉄会、分裂後初の組事務所捜索…大麻組織的栽培・販売か 京都府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


会津小鉄会、分裂後初の組事務所捜索…大麻組織的栽培・販売か 京都府警

組事務所に家宅捜索に入る京都府警の捜査員ら=13日、京都市左京区 組事務所に家宅捜索に入る京都府警の捜査員ら=13日、京都市左京区

 指定暴力団会津小鉄会直系組長ら2人が営利目的で大麻を譲渡したとして逮捕された大麻取締法違反事件で、京都府警は13日午前、関係先として、同容疑で京都市左京区にある同会傘下の組事務所の家宅捜索を始めた。

 同会は馬場美次・6代目会長(75)の後継人事をめぐる路線対立から2月上旬、組織が内部分裂したとみられており、府警が同会傘下の組事務所の捜索を行うのは分裂後初めて。

 この日捜索が行われたのは、1月21日、馬場会長から「新会長」を継承した幹部事務所で、指定暴力団神戸山口組に近い勢力とみられている。

 捜索は午前9時半ごろ、約15人態勢で着手。組事務所の周囲には警察車両が配置され、警察官が警戒にあたった。捜索は目立った混乱はなく、約20分で終了した。

 府警は、この組事務所の関係者である密売人の男(40)=同法違反罪などで有罪判決=に乾燥大麻100グラムを25万円で売ったとして、今月10日、同容疑で別の同会直系組長、足立貴宏容疑者(54)=京都市中京区壬生朱雀町=ら2人を逮捕。府警によると、この大麻は、足立容疑者らの指示で、大津市内の雑居ビルなどで栽培されたとみられ、府警は組織的に栽培・販売しているとみて調べている。

「産経WEST」のランキング