産経WEST

「人生全てを壊された」自殺の中3男子 ゲーム機に遺言 担任に不信感

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「人生全てを壊された」自殺の中3男子 ゲーム機に遺言 担任に不信感

 愛知県一宮市の市立中学校3年生の男子生徒(14)が大阪市内の商業施設から飛び降りて自殺したことに関連し、生徒のゲーム機に「遺言」とする5日付の文書が保存されていたことが12日、分かった。

 市教委によると、担任について「私の人生全てを壊された」と記述。生徒が担任に不信感を抱いていると、保護者が学校へ伝えていたといい、市教委は自殺との関係を慎重に調べるとしている。

 市教委によると、生徒は6日午後11時35分ごろ、大阪市北区のJR大阪駅周辺の商業施設「グランフロント大阪」の7階から飛び降りた。

 中野和雄教育長は「担任と学校に対する不信感などから自ら死を選ぶまでに至ったことは、申し訳なく、強く責任を感じている」とコメント。市教委は弁護士や心理学の専門家らでつくる委員会を設置し、死亡の経緯や学校の対応を調べる。

「産経WEST」のランキング