産経WEST

大阪・貝塚の南海線で76歳女性はねられ死亡 214本に遅れ、14・5万人に影響

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪・貝塚の南海線で76歳女性はねられ死亡 214本に遅れ、14・5万人に影響

 8日午前5時45分ごろ、大阪府貝塚市浦田の南海本線貝塚-二色浜間の踏切で、和歌山市発難波行き区間急行に、近くに住む無職の女性(76)がはねられ死亡した。乗客約280人にけがはなかった。

 大阪府警貝塚署によると、運転士は「気付くと女性が列車に背を向けて立っていた」と説明。非常ブレーキをかけたが間に合わなかった。同署は自殺を図った可能性があるとみて経緯を調べている。

 南海電鉄によると、上下線214本に最大約2時間10分の遅れが生じ、通勤客ら約14万5千人に影響した。

「産経WEST」のランキング