産経WEST

おいしそう? 初捕獲のオオウナギ展示 神戸・須磨海浜水族園

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


おいしそう? 初捕獲のオオウナギ展示 神戸・須磨海浜水族園

県内で初捕獲されたオオウナギに見入る来園者ら=神戸市須磨区 県内で初捕獲されたオオウナギに見入る来園者ら=神戸市須磨区

 神戸市立須磨海浜水族園(同市須磨区)で、兵庫県内で初めて捕獲されたオオウナギを展示している。21日まで。

 同園によると、オオウナギは主に沖縄や鹿児島など南西諸島の海域に生息。食用のニホンウナギは背が黒、腹が銀色で細長いのに対し、胴が太くまだら模様が特徴。展示するオオウナギは昨年9月上旬、釣りに来ていた男性が南あわじ市の川で見つけたのを譲り受けた。全長は約60センチで、大きくなると2メートルほどにまで成長するという。過去には和歌山や徳島の海域で捕獲された例があるが、県内では初めてという。

 世界のさかな館のチョウザメ水槽前でニホンウナギと並べて展示している。西宮市の会社員(39)は「いつも見るウナギより太くて力強い。ひれの部分が立派でエネルギッシュでかっこいい」と話していた。

「産経WEST」のランキング