産経WEST

【関西の議論】7月1日「びわ湖の日」の休日めざす滋賀…沖縄「慰霊の日」、広島「平和記念日」に続く指定の難しさ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
7月1日「びわ湖の日」の休日めざす滋賀…沖縄「慰霊の日」、広島「平和記念日」に続く指定の難しさ

大津市から見た琵琶湖。滋賀県は環境保全をテーマに7月1日「びわ湖の日」の休日を目指す 大津市から見た琵琶湖。滋賀県は環境保全をテーマに7月1日「びわ湖の日」の休日を目指す

 琵琶湖の環境保全への意識を高めようと、滋賀県が「びわ湖の日」と定めた7月1日を休日にすることを検討している。地方自治法上では、自治体独自の休日を条例で定めることは可能だが、「特別な歴史的、社会的意義を有する」など一定の要件を満たす必要がある。現在同法に基づき定められた休日は、沖縄県や県内市町村の「慰霊の日」(6月23日)と広島市の「平和記念日」(8月6日)のみでハードルの高さがうかがえる。琵琶湖をめぐっては、水質悪化を防ぐため合成洗剤でなく粉石けんを使おうという昭和50年代の「石けん運動」など、全国に先駆けた環境保全の取り組みが行われた歴史がある。びわ湖の日についても三日月大造知事は「多くの人の共感を得られるテーマ」としているが…。(江森梓)

琵琶湖ともっと深く関わる時間を…

 「びわ湖の日をより多くの県民のみなさんが、改めて琵琶湖と自分とのつながりを考える、琵琶湖ともっと深く関われる時間を持つきっかけとなるよう取り組んでいきたい」

 今年の仕事始めの1月4日、三日月知事は職員に対する新年のあいさつで、びわ湖の日を県民の休日にするための制度づくりに着手する考えを示した。

 びわ湖の日は、琵琶湖の富栄養化の原因となる窒素やりんの排出規制などを定めた「滋賀県琵琶湖の富栄養化の防止に関する条例」(琵琶湖条例)の施行1周年を記念して、県が昭和56年に創設。平成8年には県環境基本条例上で、環境の保全についての理解と認識を深める日として定められた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 7月1日「びわ湖の日」の休日めざす滋賀…沖縄「慰霊の日」、広島「平和記念日」に続く指定の難しさ

「産経WEST」のランキング