産経WEST

「ストレスのはけ口で虐待」養父に懲役9年判決 堺の3歳児暴行死

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「ストレスのはけ口で虐待」養父に懲役9年判決 堺の3歳児暴行死

 堺市堺区のマンションで平成27年6月、当時3歳の長男を浴室に閉じ込め、浴槽に沈めるなどして死亡させたとして、監禁や傷害致死などの罪に問われた養父、常峰渉被告(33)の裁判員裁判の判決公判が3日、大阪地裁堺支部で開かれ、武田義徳裁判長は「ストレスのはけ口として繰り返し虐待し、エスカレートしたことは、厳しい非難に値する」などとして懲役9年(求刑懲役13年)を言い渡した。

 武田裁判長は判決理由で「幼く十分抵抗できない長男に対する行為は悪質。複数回にわたり頭を水に沈めた行為は相当危険で残酷で、苦痛や恐怖心を与えたことは想像にかたくない」と述べた。

 判決によると、常峰被告は、実母の美香被告(23)=傷害致死罪などで起訴=と共謀し、27年6月14日午後から翌15日未明の間に、堺市堺区の自宅浴室に長男の英智ちゃんを閉じ込め、頭を浴槽に沈めるなどして死亡させた。

「産経WEST」のランキング