産経WEST

「落ちない城・白旗城」にあやかり、智頭急行上郡駅で合格祈願切符を販売

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「落ちない城・白旗城」にあやかり、智頭急行上郡駅で合格祈願切符を販売

智頭急行が販売している合格祈願切符 智頭急行が販売している合格祈願切符

 兵庫県上郡町などが展開する「落ちない城・白旗城」PRプロジェクトに、智頭急行(鳥取県智頭町)がタイアップし、兵庫県側の起点駅・上郡駅(上郡町)で「合格祈願切符」を販売している。受験シーズン到来を受け、多くの受験生やその親らが訪れており、1月20日の発売から1週間で200枚近くが売れるなど、注目を集めている。

 白旗城は、南北朝時代に播磨の武将・赤松円心が同城を拠点にわずか2千人の兵で、新田義貞率いる6万人の大軍を防ぎ止めたという難攻不落の城。この歴史に着目した同町が、昨年9月からPRを展開している。これまでに「落ちない城」と記した合格祈願の絵馬を、同町内の観光案内所などで無料で配布。山頂の白旗城跡や同城への最寄り駅となる河野原円心駅の絵馬掛け所には、祈りを込めた絵馬がたくさん下げられている。

 同町は受験シーズンを迎え、智頭急行と連携。切符は「合格祈願」「落ちない城 白旗城」などと書かれた折りたたみ式の絵馬型特製台紙に記念切符がセットとなっており、上郡-河野原円心駅間の片道乗車券の300円で発売している。希望者には「合格印」を押すサービスも行っている。

 2千枚限定の販売で、なくなり次第終了する。智頭急行によると、発売初日から100枚近くが売れるなど「予想を超える人気ぶり」といい、中には縁起のいい切符として大阪から訪れた人もいるという。問い合わせは同社((電)0858・75・2595)。

「産経WEST」のランキング