産経WEST

【関西の議論】おしゃれな神戸市がジリ貧!? 止まらぬ人口減少、福岡市に追い抜かれ…〝宿泊費無料〟の移住体験で挽回なるか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
おしゃれな神戸市がジリ貧!? 止まらぬ人口減少、福岡市に追い抜かれ…〝宿泊費無料〟の移住体験で挽回なるか

神戸市が進める移住体験事業「LIVE LOVE KOBE」のイメージ。体験ツアーの中には着物を着付けてもらい街歩きするものもある(フェリシモ提供) 神戸市が進める移住体験事業「LIVE LOVE KOBE」のイメージ。体験ツアーの中には着物を着付けてもらい街歩きするものもある(フェリシモ提供)

 神戸市の人口減少が止まらない。平成27年国勢調査(速報値)で、人口は153万7860人となり、福岡市(153万8510人)に抜かれ、政令市として6位に転落した。要因は若い世代が東京や大阪などに流れたり、再開発が進む兵庫県の西宮市や芦屋市、明石市といった周辺自治体に転出したりしたことが大きく影響している。そこで神戸市が取り組み始めたのが同市への移住体験事業だ。移住を考える人に最長2週間、市中心部のマンションを宿泊費無料にして神戸暮らしを体験してもらうという〝豪勢企画〟。人口の自治体間競争に出遅れた感のある神戸市、巻き返しを図れるか。(岡本祐大)

おしゃれな神戸暮らしを堪能

 酒蔵めぐりに夜景スポットを眺めながらのランニング、異人館周辺でのアンティーク店の散策-。まるで旅行会社の観光ツアーのようだが、神戸市が移住者を増やそうと、27年12月から始めた「LIVE LOVE KOBE(リブ・ラブ神戸)」という移住体験事業だ。運営は市から委託を受けた通販大手「フェリシモ」が行う。

 情報発信はインターネットで行い、移住を考えている人をターゲットに港町である「おしゃれな神戸」をアピール。人気のパン店やスイーツ店、北野の異人館街、夜景など神戸らしさを紹介している。そして最大のセールスポイントが「宿泊費無料」だ。

 必要なのは義務付けられた体験ツアーごとに数千円程度の参加費を支払うだけで、あとは自由。神戸グルメを堪能するなど神戸暮らしを〝お試し〟できる。

 参加者が泊まるマンションはフェリシモが定期契約。北野、海岸通、布引の市内3エリアで1LDK程度の部屋を確保している。

続きを読む

このニュースの写真

  • おしゃれな神戸市がジリ貧!? 止まらぬ人口減少、福岡市に追い抜かれ…〝宿泊費無料〟の移住体験で挽回なるか

「産経WEST」のランキング