産経WEST

【長崎・女性刺殺】ストーカーの元夫、LINEで危害メッセージ 幼子を面会させた際に襲撃されたか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【長崎・女性刺殺】
ストーカーの元夫、LINEで危害メッセージ 幼子を面会させた際に襲撃されたか

 元夫(30)からのストーカー被害を長崎県警に相談していた同県諫早市の野中千晶さん(28)が刺殺された事件で、元夫が離婚後、無料通信アプリLINE(ライン)を使って野中さんに危害を加える内容のメッセージを送ったり、電話をしたりしていたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警は、元夫(自殺)が離婚を巡るトラブルが原因で野中さんを殺害した疑いがあるとみて調べている。

 県警によると、野中さんは昨年11月、諫早署にストーカー被害を相談。署は警告をできるとしたが、野中さんは「報復が怖い」と断ったという。

 事件は28日に発生。長崎市にある元夫の自宅近くの路上に止まっていた軽乗用車内で、野中さんが腹部を何度も刺されているのが見つかり、死亡が確認された。元夫は自宅で首をつって死亡していた。野中さんは幼い子供を元夫に面会させるため、元夫宅に向かったとみられる。

「産経WEST」のランキング