産経WEST

【軍事ワールド】「狂犬」と「狂人少佐」の不思議な関係 3日来日のマティス国防長官、実は… 名将にあだ名あり(3)完

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【軍事ワールド】
「狂犬」と「狂人少佐」の不思議な関係 3日来日のマティス国防長官、実は… 名将にあだ名あり(3)完

F-16ファイティング・ファルコン戦闘機は、ボイドのE-M理論の“結晶”だ。(2016年10月、岡田敏彦撮影) F-16ファイティング・ファルコン戦闘機は、ボイドのE-M理論の“結晶”だ。(2016年10月、岡田敏彦撮影)

 トランプ新大統領の就任に合わせ、「狂犬」のあだ名を持つジェームズ・マティス氏も国防長官に正式に就任。3日に日本を訪れ稲田朋美防衛相と会談する。米マスコミでは常に「MAD DOG(狂犬)」という単語とセットで説明されるマティス氏だが、その本当の姿を知るカギは、一人のパイロットにある。「MAD MAJOR(狂人少佐)」と呼ばれたジョン・ボイド(1927-1997)だ。(岡田敏彦)

40秒ボイド

 ジョン・ボイドは米空軍の操縦士として朝鮮戦争で実戦を経験した後、英才教育を施す米空軍戦闘機兵器学校(FWS)に入校、飛び抜けた優秀さで教官になった。ボイドの伝記「BOYD」(ロバート・コラム著)によると、ボイドは腕利きの生徒を模擬空戦の“賭け”に誘っていた。生徒がボイド機の背後に着いた絶体絶命の状態からスタートし、「40秒で立場を逆転させられたら、私の勝ちだ」。多くの生徒が挑んだが、ボイドは教官だった6年の間、無敗を誇り、「40SECONDS BOYD」のあだ名がついた。

世界初の「空中戦の指南書」

 無敗には理由があった。ボイドは体力と経験と根性の世界だった空中戦の世界に、熱力学を持ち込んだ。

 上昇とは位置エネルギーを得ることで、急降下は位置エネルギーを運動エネルギー(速度)に変換することだ。こうしたエネルギー変換をスムーズに行い、空気抵抗などで失ったエネルギーを、翼の揚力とエンジンの推力で補いながら戦うのが「空中戦(ドッグファイト)」の神髄だ。

空軍上層部を出し抜いてF-16を生み出した「狂人少佐」

このニュースの写真

  • 「狂犬」と「狂人少佐」の不思議な関係 3日来日のマティス国防長官、実は… 名将にあだ名あり(3)完
  • 「狂犬」と「狂人少佐」の不思議な関係 3日来日のマティス国防長官、実は… 名将にあだ名あり(3)完
  • 「狂犬」と「狂人少佐」の不思議な関係 3日来日のマティス国防長官、実は… 名将にあだ名あり(3)完
  • 「狂犬」と「狂人少佐」の不思議な関係 3日来日のマティス国防長官、実は… 名将にあだ名あり(3)完
  • 「狂犬」と「狂人少佐」の不思議な関係 3日来日のマティス国防長官、実は… 名将にあだ名あり(3)完
  • 「狂犬」と「狂人少佐」の不思議な関係 3日来日のマティス国防長官、実は… 名将にあだ名あり(3)完
  • 「狂犬」と「狂人少佐」の不思議な関係 3日来日のマティス国防長官、実は… 名将にあだ名あり(3)完
  • 「狂犬」と「狂人少佐」の不思議な関係 3日来日のマティス国防長官、実は… 名将にあだ名あり(3)完
  • 「狂犬」と「狂人少佐」の不思議な関係 3日来日のマティス国防長官、実は… 名将にあだ名あり(3)完
  • 「狂犬」と「狂人少佐」の不思議な関係 3日来日のマティス国防長官、実は… 名将にあだ名あり(3)完
  • 「狂犬」と「狂人少佐」の不思議な関係 3日来日のマティス国防長官、実は… 名将にあだ名あり(3)完

「産経WEST」のランキング