産経WEST

【大阪国際女子マラソン】優勝の重友「今までと違った走りできた」 眠れる力呼び覚ましたネガティブスプリット

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪国際女子マラソン】
優勝の重友「今までと違った走りできた」 眠れる力呼び覚ましたネガティブスプリット

【第36回大阪国際女子マラソン】ゴールテープを切る重友梨佐=ヤンマースタジアム長居(撮影・村本聡) 【第36回大阪国際女子マラソン】ゴールテープを切る重友梨佐=ヤンマースタジアム長居(撮影・村本聡)

 「ネガティブスプリット」が、重友の眠れる力を呼び覚ました。数字だけを見れば前半より後半が遅いが、その差はわずか2秒。中盤からぐいぐいと追い上げ、「今までと違った走りができた」。先頭でゴールテープを切ると、泣き笑いの顔で武冨豊総監督と抱擁した。

 「後半重視」という日本陸連の方針を受け、慎重にレースを運んだ。12キロ付近でペースメーカーの足が速まると、先頭集団から離れた。想定外の事態だったが「前半は落ち着いて走ろうと思っていた」。自分の走りは落ちていない-。冷静に見極め、勝機をうかがった。

 19キロを過ぎて4位集団につけ、ギアが一段と上がった。「後半もしっかり体を動かせた」。独走していた堀江をとらえたのは35キロ過ぎ。わずかな併走で一気に抜き去った後、5度目の舞台は一人旅となった。「いままで走ったレースは後半のエネルギーがなかった」。過去には記憶が飛んだことすらあったが、見違えた姿を示した。

 これまで好タイムを狙う意識が強く、前半から果敢に攻めるレースが多かった。5位の前回は中間点で1時間10分49秒と自己記録を出しながら、後半は1時間19分51秒かかった。

続きを読む

「産経WEST」のランキング