産経WEST

十手突き付け「血まみれにしたるさかい」…交通トラブル、柔道有段者が撃退 京都

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


十手突き付け「血まみれにしたるさかい」…交通トラブル、柔道有段者が撃退 京都

 駐車場でトラブルになった相手に十手を突き付けて脅したとして、京都府警伏見署は26日、暴力行為等処罰法違反容疑で、京都市伏見区深草仙石屋敷町の無職男(52)を現行犯逮捕したと発表した。容疑を認め、「バックするのに後ろの車が邪魔だったから」などと供述しているという。

 逮捕容疑は25日午後8時20分ごろ、同区深草出羽屋敷町の「イズミヤ伏見店」の駐車場で、同区の会社員の男性(37)に金属製の十手(長さ約40センチ)を突き付けて脅したとしている。

 同署によると、事件当時は男の車を先頭に、同店の駐車場から道路に出ようという数台の車列ができていた。男の車が動き出さないため、すぐ後ろに止まっていた男性がクラクションを鳴らした上、車外に出て男の車に近づき、ドア越しに発車することを求めた。

 車に戻ったところ、男が十手を持ってやってきて、「血まみれにしたるさかいの」と言いながら車のドアを開けようとしたため、男性は車外に出て男を取り押さえた。男性は柔道の有段者といい、駆けつけた同署員に引き渡した。

「産経WEST」のランキング