産経WEST

SL「C11-80号」移設へ募金 鉄道遺産整備でファン呼び込み 岡山のJR津山駅

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


SL「C11-80号」移設へ募金 鉄道遺産整備でファン呼び込み 岡山のJR津山駅

JR津山駅北口広場への移設プロジェクトが始動した岡山・津山市立南小のSL「C11ー80号」 JR津山駅北口広場への移設プロジェクトが始動した岡山・津山市立南小のSL「C11ー80号」

 JR津山駅(津山市)北口広場に新たなバスターミナルなどが設けられ風景が一変した。今年度末の完成予定の同市の再開発事業だ。そのシンボルとして広場に蒸気機関車(SL)を設置しようという民間主導のプロジェクトが始動している。地元実行委員会の動きや思いを探った。(中島久仁子)

実は、国内有数の規模を誇る旧津山扇形機関車庫も…

 実行委が移設を目指すのは同駅西約700メートルの市立南小で展示保存されている「C11-80号」。

 昭和46年の津山線ディーゼル化の際「サヨナラSL」の牽引(けんいん)機となるなど郷土で愛された車両だが、50年に廃車。市が51年、当時の国鉄から無償で借り受けて南小正門横に設置した。

 今回のプロジェクトの発端は市民の声だった。

 JR新橋駅(東京)前のシンボル「C11-292号」のように「津山でもランドマークにできるのではないか」というのだ。

 実は津山には、国内有数の規模を誇る旧津山扇形機関車庫をメインに複合鉄道学習施設「津山まなびの鉄道館」が昨年4月にオープンしたばかり。

 ディーゼル機関車や蒸気機関車など、貴重な13車両を間近で見学でき、鉄道の歴史などが学べる資料館も併設。昨年末までに家族連れや鉄道ファンら6万5千人以上が来場する人気施設となっているのだ。

続きを読む

「産経WEST」のランキング