産経WEST

1万人超に無断採血 大阪市の健診、貧血検査用

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


1万人超に無断採血 大阪市の健診、貧血検査用

 大阪市は20日、市の集団健診を委託した社会医療法人愛仁会の総合健康センター(大阪府高槻市)が、受診者延べ1万1479人に対し、必要のない貧血検査用の追加採血を本人に無断で行っていたと発表した。大阪市以外の自治体でも同様の事例があるといい、同法人が調べている。

 市によると、同法人は平成27年度から健診業務を受託。本来、貧血検査用の採血は医師が必要と判断した受診者に限り、説明の上、通常の血液検査の際に追加で行う。だが健診担当者が採血漏れを恐れ、必要の有無にかかわらず受診者全員に追加採血をするよう業務マニュアルを書き換えていた。

 集団健診は国民健康保険に加入する40歳以上の市民が対象。追加採血した不要な血液は処分したという。

「産経WEST」のランキング