産経WEST

【大阪国際女子マラソン】40代のトップアスリート・小崎まり 8度目の大阪を前に「価値ある走りをしていたい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪国際女子マラソン】
40代のトップアスリート・小崎まり 8度目の大阪を前に「価値ある走りをしていたい」

一昨年の大阪国際女子マラソンで力走する小崎まり選手 一昨年の大阪国際女子マラソンで力走する小崎まり選手

 29日開催の「第36回大阪国際女子マラソン」(産経新聞社など主催、日東電工協賛)で、招待選手19人中唯一の40代となる小崎まり選手(41)=ノーリツ=の走りに注目が集まっている。大阪国際女子マラソン8度目の出場となるベテランは、トップ選手として出産し、育児をこなすママさんランナーの先駆けでもある。「挑戦させてもらえる場所があるから挑戦するだけ」と自然体で臨む。(嶋田知加子)

 平成15年、初マラソンとなった大阪国際女子マラソンで2時間23分30秒をマーク。その後、マラソンでは2005(平成17)年ヘルシンキ、07(同19)年大阪と2大会連続で世界選手権出場を果たすなど、日本女子マラソン界を長らく牽引(けんいん)してきた。

 一方で、平成19年に結婚し、23年に長男、学(がく)叶(と)君を出産。その後も競技を続けるなど、トップ選手のママさんランナーの先駆けとしても知られる。ただ、学叶君の誕生後は練習量がピーク時の3分の1程度に減り、自宅にいる間は家事や育児に追われるなど生活は一変した。競技と子育て・家事の両立に眠れない夜もあったという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 40代のトップアスリート・小崎まり 8度目の大阪を前に「価値ある走りをしていたい」

「産経WEST」のランキング