産経WEST

【田淵幸一物語(7)】村山監督は偉大な「ミスタータイガース」 エースが打撃投手に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【田淵幸一物語(7)】
村山監督は偉大な「ミスタータイガース」 エースが打撃投手に

勝利の握手を交わすバッテリー。田淵を一流の捕手に育てあげたのは投手・村山(右)だった 勝利の握手を交わすバッテリー。田淵を一流の捕手に育てあげたのは投手・村山(右)だった

前のニュース

 ミスタータイガースから除外された田淵だが、村山への「思い」はまた違うところにあった。

 「除外されて当然。村山さんが監督だった2年間、なんの役にも立たなかったんだから。でもね、ムラさんと過ごした4年間で捕手としての基本が出来たんだよ」

村山が伝えたプロ野球の厳しさ

 1年目のある試合でのことだ。田淵が出した「ストレート」のサインにうなずいたマウンドの村山だったが、投げ込んできたタマは「フォークボール」。なんとか体で止めたものの危うくパスボールするところ。そんな試合が何度か続いた。

 「ルーキーいじめ? まさか…」

 悩んだ田淵は思い切って村山に不満をぶつけた。

 「どうしてサイン通り投げてくれないんですか!」

 「二塁に走者がおるやろ」

 「えっ?」

 「走者がお前のサインを盗んで打者に伝えとるんや。だから、違うタマを投げた。ええか田淵、これがプロの世界や。ちゃんとミットに投げたるから、あわてるんやない」

 そうだったのか…恥ずかしさで体が震えたという。その日から田淵は投手のクセを覚えることに必死になった。投手がどんな形でどの球種を投げるのか。ノーサインでもあわてずに捕球出来るように-と。

続きを読む

田淵幸一物語のニュース

このニュースの写真

  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督

「産経WEST」のランキング