産経WEST

中国「秘密裏の死刑」の実態 日本人7人目執行…手紙でSOS、無罪主張かなわず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


中国「秘密裏の死刑」の実態 日本人7人目執行…手紙でSOS、無罪主張かなわず

 訴えたかったことは何なのか、それすら外部にはほとんど伝わっていない。40代男性は秘密裏に死刑に処された。2016年10月、中国広東省でのこと。日本人への死刑執行は1972年の日中国交正常化以降、7人目となった。関係者の話から、男性が覚醒剤の売買に関与した罪に問われていたこと、一貫して無罪を主張していたことは分かっている。だが審理の中身はベールに包まれたままだ。学識者らでつくるグループは「日本の国民としてこのまま放置はできない」と問題視し、中国の司法手続きについて検証に乗り出した。

「見知らぬ人からかばん」「全てでっち上げ」主張も…

 発端は、中国から日本の弁護士のもとに届いた1通の手紙だった。差出人の男性は覚醒剤を売買したとして2011年に死刑判決を受けた。2審でもその判断は維持され、旧知の弁護士に助けを求めてきた。

 国内外の死刑事例を研究している学識者や法律実務家のグループ「死刑と適正手続プロジェクト」が手紙を受け取った弁護士から聞き取ったところによれば、男性はフィリピンで事業を起こし、10年に取引のため中国を訪れた。その際、知人の日本人と中国人の2人に呼び出されたホテルで見知らぬ人物からかばんを渡され、まもなく乗り込んできた警察当局に拘束されたという。かばんには約4キロの覚醒剤が入っており、男性が購入したものとされた。

被告人質問以外に通訳なし、法廷やりとり理解できぬまま死刑…国家機密の扱い

このニュースの写真

  • 中国「秘密裏の死刑」の実態 日本人7人目執行…手紙でSOS、無罪主張かなわず

関連ニュース

「産経WEST」のランキング