産経WEST

【Jリーグ】3季ぶりJ1のC大阪新監督「強い気持ちで戦う」 今季も柿谷主将で新体制始動

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【Jリーグ】
3季ぶりJ1のC大阪新監督「強い気持ちで戦う」 今季も柿谷主将で新体制始動

J1での飛躍に向けて始動した山口蛍、主将の柿谷曜一朗らC大阪の選手=12日、大阪市此花区(山下香撮影) J1での飛躍に向けて始動した山口蛍、主将の柿谷曜一朗らC大阪の選手=12日、大阪市此花区(山下香撮影)

 3季ぶりにJ1に復帰したC大阪が12日、大阪市内で新体制を発表した。クラブOBで今季、チームを率いる尹晶煥(ユン・ジョンファン)新監督(43)は「J1は強い気持ちで戦わないといけない。まず守備を堅くして攻撃に展開することを考えている」と決意を語った。

 新加入はFC東京から期限付き移籍のMF水沼や、クロアチア出身のDFマテイ・ヨニッチら11人。玉田社長は「目標は9位以内。タイトルを1つでも取れるようチャレンジする」と強調した。

 チームは12日に始動し、さっそく2部練習をこなした。18日からのタイ1次キャンプまでは早朝からの3部練習を実施する予定で、尹監督は体力強化の目的に加えて「若い選手が多いので、生活リズムからプロ意識を高めさせたほうがいい」と説明した。

 昨季に続き主将を務める柿谷は「チームメートと顔を合わせる時間が増える。基礎練習が厳しいので全員がついていかないと」と意気込みをみせた。

 尹監督は、韓国代表MFとして2002年ワールドカップ日韓大会などを経験。監督としても、J1鳥栖や韓国Kリーグの蔚山を指揮した実績を持つ。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング