産経WEST

一気飲みでホストが死亡、店の責任者ら2人書類送検 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


一気飲みでホストが死亡、店の責任者ら2人書類送検 大阪府警

 大阪・ミナミのホストクラブで平成24年、一気飲みで急性アルコール中毒となり死亡した従業員に適切な救護措置を取らなかったとして、大阪府警南署が昨年12月、業務上過失致死の疑いで、ホストクラブ「ブラックパール」(大阪市中央区)の責任者ら男2人を書類送検していたことが12日、分かった。

 捜査関係者によると、24年8月、店員だった田中裕也さん=当時(21)=が接客中、一気飲みなどで酒を大量に飲んで意識もうろうとなり、急性アルコール中毒で死亡。救急車で搬送されたのは倒れた2時間以上後で、店の責任者らはすぐに救急車を呼ぶなど適切な救護措置を取らずに死亡させた疑いが持たれている。

 遺族は26年7月、大量の飲酒を伴う接客を指示し、泥酔状態で寝ている田中さんを放置して死亡させたとして、業務上過失致死罪で2人を刑事告訴。同署は店側の救助要請が遅かったと認定したとみられる。

「産経WEST」のランキング