産経WEST

養母死亡隠し年金受給疑い 高知の43歳女逮捕 2千万超か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


養母死亡隠し年金受給疑い 高知の43歳女逮捕 2千万超か

 養母の死亡を隠して年金を不正受給したとして、高知署は11日、詐欺の疑いで高知市加賀野井、無職、蓮美蝶月容疑者(43)を逮捕した。同署によると、養母の死後10年以上にわたり、年金計約2200万円が支給されていた。

 逮捕容疑は、平成25年4月~26年6月、基礎年金と遺族厚生年金の計約260万円をだまし取ったとしている。「当時の記憶がないので分からない」と容疑を否認している。

 同署によると、蓮美容疑者は生後間もなく父親の姉と養子縁組した。養母は14年12月に病死し、高知市には死亡届を提出したが、毎年日本年金機構に提出する書類には虚偽の記載をし、養母が生きているように装っていたとみられる。

「産経WEST」のランキング