産経WEST

世界初、iPS細胞で視力回復 理研がマウスで確認 2年以内に臨床申請へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


世界初、iPS細胞で視力回復 理研がマウスで確認 2年以内に臨床申請へ

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製した視細胞などを含む網膜組織の移植により、視覚を失ったマウスが光に反応できるようになったことを、理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)の研究チームが確認した。米科学誌のオンライン版に11日掲載される。

 これまで、iPS細胞から作った視細胞などをマウスに移植したとの報告はあったが、視力の回復を確認したのは世界初という。チームは2年以内に臨床研究を申請したいとしている。

 チームはマウスのiPS細胞から、光に反応して神経細胞へ情報を伝達する視細胞を含んだ網膜組織のシートを作製。病気のため目が見えないマウスに移植したうえで、光に反応して危険を避けることができるかどうか検証した。

 実験の結果、移植を受けた21匹のうち9匹が光に反応して行動できるようになったことを確認。また、これらのマウスの網膜を詳しく調べたところ、移植した組織が情報を脳に伝える神経につながっていたほか、光に反応して発生する電気信号が検出された。

続きを読む

「産経WEST」のランキング