産経WEST

「生活音がうるさい」…腹いせ?接着剤で鍵穴ふさぐ 兵庫・姫路の無職男を逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「生活音がうるさい」…腹いせ?接着剤で鍵穴ふさぐ 兵庫・姫路の無職男を逮捕

 集合住宅の上階にある部屋の鍵穴に接着剤を流し込んだとして、兵庫県警網干署は9日、器物損壊容疑で、同県姫路市大津区の無職男(25)を逮捕した。同署によると男は「生活音がうるさかった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年12月31日午後11時45分ごろ、2階に住む地方公務員の男性(35)方の玄関ドアの鍵穴を接着剤でふさぎ、損壊させたとしている。

 網干署によると、9日午前3時ごろ、署員が男性の部屋の前で不審な男を見つけ職務質問したところ、犯行を認めた。男は男性の部屋の斜め下に位置する1階に住んでおり、「ドアの開け閉めや話し声がうるさかった」などと供述しているという。

 この部屋では昨年11月ごろから鍵穴を接着剤でふさがれる被害が相次いでいたといい、同署員が昨年末から部屋の内外で張り込みを続けていた。男性はこれまでに少なくとも10回は鍵穴をふさがれたと訴えており、被害に遭うたびに鍵を取り換えるなどしたという。

「産経WEST」のランキング