産経WEST

JAXAが世界最小ロケットを公開 衛星搭載、鹿児島・内之浦宇宙空間観測所で11日打ち上げ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


JAXAが世界最小ロケットを公開 衛星搭載、鹿児島・内之浦宇宙空間観測所で11日打ち上げ

公開された小型ロケット「SS520」4号機 =9日午前、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所 公開された小型ロケット「SS520」4号機 =9日午前、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、電柱ほどの大きさの小型ロケット「SS520」4号機を、内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)で公開した。人工衛星を軌道に投入する世界最小のロケットとしており、東京大が開発した超小型衛星を搭載して11日午前8時48分、同観測所から打ち上げる。

 公開された小型ロケットは、グレーの機体にオレンジの線が入り、衛星を収納した先端部は黒というデザイン。打ち上げに向け、既に発射装置に据え付けられていた。

 全長約10メートル、直径約50センチで、重さは2・6トン。運用中の2段式の観測ロケットを3段式に改修し、超小型衛星を軌道に投入できるようにした。機体の製造と打ち上げの費用は計約5億円という。

 羽生宏人JAXA准教授は記者会見で「費用を下げるため市販品を活用した。ぜひ成功させたい」と語った。

 搭載した衛星の「TRICOM1」は、縦横約10センチ、高さ約35センチ、重さ約3キロ。地球を回りながら地上の撮影やデータ通信をする。

このニュースの写真

  • JAXAが世界最小ロケットを公開 衛星搭載、鹿児島・内之浦宇宙空間観測所で11日打ち上げ

「産経WEST」のランキング