産経WEST

地震史料をみんなで「翻刻」 京大教授ら、くずし字解読に向け、10日にサイト開設

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


地震史料をみんなで「翻刻」 京大教授ら、くずし字解読に向け、10日にサイト開設

 京都大の古地震研究会(主宰=中西一郎・京大大学院理学研究科教授)は10日、「くずし字」で地震について記録された古文書をインターネットのホームページ(HP)で公開し、誰でも翻訳に参加できるようにした「みんなで翻刻(ほんこく)~地震史料編」を開設する。地震や古文書の研究者だけでなく、くずし字を読むことができる人に広く解読に参加してもらうことで、日本の地震の歴史を新たに“発掘”する狙いがある。

 HPには、東京大地震研究所が所蔵する史料約110点を収録。パソコンや携帯端末で閲覧すると、画面右側に古文書の画像が表示され、閲覧者は画面左側のスペースに翻訳した結果を書き込む仕組みになっている。写真などを投稿したり意見を交換したりすることもできる。

 このほか、江戸時代以前に使われたくずし字を学べる機能もあり、初心者もクイズ形式でくずし字を学習できる。研究会メンバーの加納靖之・京大防災研究所助教(地震学)は「古文書を通じて防災意識の向上につながれば」と話した。

 HP(https://honkoku.org/)の閲覧・利用は無料だが、フェイスブックやツイッターなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のアカウントが必要。

「産経WEST」のランキング