産経WEST

鳥インフル、池の水一部から陽性反応 名古屋・東山動植物園

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


鳥インフル、池の水一部から陽性反応 名古屋・東山動植物園

11日、シジュウカラガンが死んだことを受けて動物園エリアが休園となり、消毒された東山動植物園の池周辺=名古屋市 11日、シジュウカラガンが死んだことを受けて動物園エリアが休園となり、消毒された東山動植物園の池周辺=名古屋市

 愛知県名古屋市の東山動植物園で飼育する鳥が高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)に感染した問題で、市は5日、園の池の水を確定検査し、一部で陽性反応が出たと明らかにした。調査した環境省は「因果関係は断定できないが、池でウイルスに感染した可能性は残る」としている。

 環境省がコクチョウを飼育した胡蝶池の7カ所と、絶滅危惧種のシジュウカラガンがいた古代池の5カ所で水を採取し調査。胡蝶池では全て陰性だったが、古代池の2ケ所で陽性反応が出た。

 東山動植物園は二つの池の水を抜いて消毒した。休園中の動物園エリアを1月13日に再開する。

「産経WEST」のランキング