産経WEST

【新春インタビュー】(2)空手界の美しき女王、清水希容「組手の練習にも取り組み、自分らしい形を打ちたい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【新春インタビュー】
(2)空手界の美しき女王、清水希容「組手の練習にも取り組み、自分らしい形を打ちたい」

インタビュー中笑顔を見せる清水希容 インタビュー中笑顔を見せる清水希容

 --練習で新たに取り組んでいきたいことは

 「私は空手でも、ずっと形しかやったことがなかったので、できれば組手の練習にも取り組んでいけたらな、と考えています」

 --その狙いは

 「組手は1対1の勝負なので、恐怖心もあって私にはできないって思っていたんです。でも、組手はすごくスピード感があるので、技の切れ味を出すためにも、視野を広げていきたいと思っています」

 --東京五輪でも活躍が期待されています。イメージは湧いてきていますか

 「イメージはまだあまり湧いていないんですけど、とにかく自分らしい形を打ちたいと思っています」

 --自分らしさとは

 「2014年に世界選手権で優勝してから、自分を守ってしまうことが多くなってしまったんです。勝ち負けを考えすぎると、のびのびと形を打てないので、気持ちを強く持っていきたいですね」

 --酉年生まれの年女ですね。改めて17年の目標は

 「一年一年を無駄にはできないと思っています。世界の舞台で楽しく形を打てるように、心・技・体を磨いていきたいと思います」

続きを読む

このニュースの写真

  • (2)空手界の美しき女王、清水希容「組手の練習にも取り組み、自分らしい形を打ちたい」
  • (2)空手界の美しき女王、清水希容「組手の練習にも取り組み、自分らしい形を打ちたい」
  • (2)空手界の美しき女王、清水希容「組手の練習にも取り組み、自分らしい形を打ちたい」

「産経WEST」のランキング