産経WEST

さび落としたら名刀だった…「悪御所」足利義教の愛刀もつくった延寿国吉の作 春日大社の宝庫で発見

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


さび落としたら名刀だった…「悪御所」足利義教の愛刀もつくった延寿国吉の作 春日大社の宝庫で発見

延寿国吉の作と判明した太刀=奈良市の春日大社 延寿国吉の作と判明した太刀=奈良市の春日大社

 春日大社(奈良市)は、宝庫から見つかった黒漆太刀が、鎌倉時代後期の刀工、延寿国吉(えんじゅくによし)の作であることが分かったと発表した。研がれた跡がほとんどなく、当初の姿に近い貴重な作品という。来年3月27日まで大社国宝殿で展示している。

 春日大社によると、昭和14年に宝庫天井裏で太刀12振りが発見された。このうち3振りについて、今年行われた20年に1度の社殿大修理「式年造替(しきねんぞうたい)」を機に、人間国宝の本阿弥光洲(ほんあみこうしゅう)さんが研磨してさびを落とし、詳細が判明した。

 全長106・8センチの太刀の柄には「國吉」と刻まれており、室町時代の将軍、足利義教(よしのり)の愛刀を作った延寿国吉が作ったとみられるという。ほか2振りも、平安時代末~鎌倉時代初期の「古備前」の名刀であることが分かった。

 調査した東京国立博物館の酒井元樹・主任研究員は「国宝の刀剣と並べても遜色ない」と説明している。

「産経WEST」のランキング