産経WEST

【将棋ソフト不正使用疑惑】「三浦さんも、連盟も、“おとがめなし”という結論に」…報告書「証拠はない」とするも出場停止処分

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋ソフト不正使用疑惑】
「三浦さんも、連盟も、“おとがめなし”という結論に」…報告書「証拠はない」とするも出場停止処分

将棋棋士の三浦弘行九段 将棋棋士の三浦弘行九段

 将棋界を揺るがせた三浦弘行九段(42)のソフト不正使用疑惑。第三者調査委員会が26日に発表した調査報告書は「不正の証拠はない」とする一方で、出場停止という重い処分を下した日本将棋連盟の措置を「やむなし」と判断した。双方に配慮した格好だが、関西の棋士らは「納得できない」「従うしかない」と複雑な心境を漏らした。

 「三浦さんも、連盟も、“おとがめなし”という結論にびっくりした。すっきりしない」とある若手棋士は不満を漏らす。

 別の若手棋士も「今回の問題は、われわれ棋士にとっていいことは何一つなかった」と強調。特に、ソフトがプロ棋士をしのぐほど強くなり、「棋士は不正はしない」という“性善説”が通用しなくなったことを認めざるを得ないのが悔しいという。「今後、連盟は不正を疑われない状況を完璧に作ってほしい」と要望する。

 中堅棋士は「三浦さんはなぜ、不正を全面否定したのに(竜王戦)休場を口にしたのか。連盟はなぜ、確たる不正の証拠もなく、本人も否定していたのに、棋士生命に関わる重い処分を下したのか。調査委の説明はわかっても、感情としては納得いかない」と憤る。

 一方、あるベテラン棋士は「結果が出た以上、それを受け入れるしかない」と現実を直視する。「連盟の屋台骨が揺らいでしまっては棋士は食べていけなくなる。世間でどんなマイナスイメージを持たれようと、目の前の将棋を一生懸命指すしかない」と話した。

「産経WEST」のランキング