産経WEST

【衝撃事件の核心】「目がイッた」ナイフ凶暴男を食い止めた銃弾 〝凄腕ガンマン〟巡査部長、両足に4発すべて命中 ネットで称賛の声

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「目がイッた」ナイフ凶暴男を食い止めた銃弾 〝凄腕ガンマン〟巡査部長、両足に4発すべて命中 ネットで称賛の声

刃物を持った男が母子を襲撃し、警察官が発砲して食い止めた事件の現場付近を調べる捜査員=11月29日午後10時25分、京都市北区 刃物を持った男が母子を襲撃し、警察官が発砲して食い止めた事件の現場付近を調べる捜査員=11月29日午後10時25分、京都市北区

 やはり男は、殺すつもりで警察官に向かってきていた。京都市北区で11月29日夜、刃物を持った男が母子を襲撃した事件。12月8日に殺人未遂容疑で再逮捕された同区衣笠開キ町、無職の男(27)は、京都府警北署の取り調べに「殺そうと思って警察官にナイフを振り回した」と供述したという。そんな殺意を秘めた男と相対した30代の巡査部長は冷静だった。威嚇射撃の後、男に向けて放った4発すべてを足に命中させ、男の凶行を食い止めたのだ。

緊迫の現場に乾いた銃声

 「撃ち合いをしている」「いや包丁を振り回している」…。緊迫した状況と物々しい雰囲気。付近の住民らは何事が起きたのかと不安を募らせていたという。

 現場近くに住む女性(41)は買い物から帰る途中で事件に遭遇した。たくさんのパトカーが集まり、ただ事ではない様子に驚いたが、何が起きているかは知らなかった。やがて、警察官が「やめろ」と叫ぶ声が聞こえた。

 「声の方を見ると、男が右手に刃物を持って、振り上げていた」

 男はパーカーのような服を着ていてがっちりした体格に見えた。やがて、「パーン」と乾いた音が響いたという。

 一方、自宅にいた主婦(55)は「刃物を捨てなさい」と警察官が呼びかけているのを聞き、窓の外を見た。

 「刃物を持った犯人は、警察官に『捨てろ』と言われた後に何かわめき散らしていた。その後、そこから立ち去ったようだが、2、3発、パン、パンと音が聞こえた」

 事件に気付いたタイミングの問題なのか、銃声を3発程度と認識していた近隣住民は少なくない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「目がイッた」ナイフ凶暴男を食い止めた銃弾 〝凄腕ガンマン〟巡査部長、両足に4発すべて命中 ネットで称賛の声

「産経WEST」のランキング