産経WEST

福岡の金塊強盗 入手先、接点…謎だらけ 被害側も訳あり?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


福岡の金塊強盗 入手先、接点…謎だらけ 被害側も訳あり?

7月に約6億円相当の金塊が盗まれる事件が起きたJR博多駅の筑紫口付近=福岡市 7月に約6億円相当の金塊が盗まれる事件が起きたJR博多駅の筑紫口付近=福岡市

 福岡市博多区のJR博多駅近くで7月、貴金属買い取り店に運搬中の金塊が盗まれる事件が起きた。アタッシェケース数個に詰められた金塊の総額は約6億円相当。金塊の入手先や犯人グループとの接点に関する被害者側の説明に「うのみにできない部分がある」(捜査関係者)ことから、福岡県警は慎重に捜査を進めている。

 被害者の男性らが県警に説明した事件時の状況はこうだ。歩いて買い取り店に向かう途中、警察官の制服を着た複数の男に「警察だ。(アタッシェケースの中身は)密輸品か」と呼び止められた。ケースを手渡すと、男たちは点検するふりをして車で逃走した-。

 周辺の防犯カメラ映像の解析を進める県警は、ケースの受け渡しは実際にあったとみるが、男らは制帽を身につけておらず、捜査関係者は「本物の警察官となぜ信じたのか」と首をかしげる。

 被害者側は金塊を「前日に転売目的で購入した」と説明。しかし、県警幹部は百数十キロの金塊の管理を警備会社に依頼せず運んでいる点から「訳あり」とみる。その日のうちに警察へ通報したが、被害の直後ではなかった。県警は金塊が密輸品の可能性もあるとみる。

続きを読む

「産経WEST」のランキング