産経WEST

初詣で冷えた体に「参拝ラーメン」どうどす 祇園で聖護院大根に「寿」、梅麩あしらい 魯山人好みのうす揚げほか京野菜総出演

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


初詣で冷えた体に「参拝ラーメン」どうどす 祇園で聖護院大根に「寿」、梅麩あしらい 魯山人好みのうす揚げほか京野菜総出演

「参拝ラーメンで冷えた体を温めて」と話す店主の連恭子さん=京都市東山区 「参拝ラーメンで冷えた体を温めて」と話す店主の連恭子さん=京都市東山区

 初詣にラーメンはいかが-。京都・八坂神社近くのラーメン店が、大みそかから正月三が日限定の「参拝ラーメン」を提供する。京野菜の聖護院大根に「寿」の焼き印を付け、梅麩をあしらい迎春ムードを演出。「年越しそば」「年明けうどん」に続く新たなジャンルとして定着をねらう。

 店は「祇園麺処むらじ」(京都市東山区)。鶏白湯(ぱいたん)スープに、俳優の佐々木蔵之介さんの実家「佐々木酒造」(同市上京区)の酒かすをブレンドしたスープは、あっさりした味わい。

 具材には、京野菜の京人参(にんじん)や九条ねぎ、京水菜も使い、北大路魯山人も愛した「平野とうふ」(同市中京区)のうす揚げを焦がしたものや自家製鶏チャーシューをトッピングした。

 一杯1300円。営業は31日午前11時半~翌午前3時と、正月三が日が午前11時半~午後8時。仕込み分がなくなり次第終了する。

 店主の連恭子さん(47)は「初詣で冷えた体を参拝ラーメンで温めて」と話している。

「産経WEST」のランキング