産経WEST

金魚のまちにコウノトリ飛来!! 奈良・大和郡山市、兵庫・豊岡から

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


金魚のまちにコウノトリ飛来!! 奈良・大和郡山市、兵庫・豊岡から

養殖池のふちにとまるコウノトリ=大和郡山市新木町 養殖池のふちにとまるコウノトリ=大和郡山市新木町

 兵庫県豊岡市を巣立った国特別天然記念物のコウノトリ1羽が22日、奈良県大和郡山市新木町に飛来した。住民から連絡を受けて市が確認した。同市への飛来は初めてといい、担当者は「幸せを運ぶ鳥がきてくれてうれしい。そっと見守ってあげてほしい」と話している。

 コウノトリが発見されたのは、金魚の養殖池が広がる同市新木町。午前9時ごろ、住民から市に複数の目撃情報が寄せられた。市職員が現地で写真を撮って観察したところ、全長は約1メートルほどあり、両足に個体識別の足環が付いていたという。

 コウノトリの繁殖に取り組む「兵庫県立コウノトリの郷公園」(同県豊岡市)に市が確認したところ、飛来したのは、今年4月に生まれ、6月に同園から放されたメスと判明した。

 同園によると、コウノトリの羽色は白と黒。翼を広げると全長2メートルにもなり、飛距離は1カ月間で1千キロ以上に達するものもあるという。繁殖できるのは3歳以上の成鳥といい、今回見つかったのは幼鳥という。

 「幸せを運ぶ鳥」の初飛来に喜びの声が上がる一方、養殖池にはまちのシンボルである金魚が泳いでいるため、住民からは「金魚は食べないでね」という声も上がっているとか。

 市の担当者は、「人が近づくと驚くので、遠くから見守ってあげてほしい。野生なのでエサはあげないで」と話している。

このニュースの写真

  • 金魚のまちにコウノトリ飛来!! 奈良・大和郡山市、兵庫・豊岡から
  • 金魚のまちにコウノトリ飛来!! 奈良・大和郡山市、兵庫・豊岡から

「産経WEST」のランキング