産経WEST

カジノ誘致で市民向けアンケートを再実施、和歌山市長が意向

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


カジノ誘致で市民向けアンケートを再実施、和歌山市長が意向

 和歌山市の尾花正啓市長は22日の記者会見で、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)誘致に関する市民向けアンケートを近く、再実施する考えを明らかにした。9~10月に別の世論調査で賛成52・7%(速報値)との結果が出たが、関連法の国会審議前だったことを考慮した。識者からは、質問が適切でないとの指摘も出ていた。

 既に実施した世論調査では、質問を「IRを誘致することになれば、どのように思いますか」と表記。IRにカジノが含まれることなどは別紙に書いており、世論調査に詳しい斉藤慎一・東京女子大教授は「カジノを想定せずに回答して賛成多数になった可能性がある」との見方を示す。

 この質問の仕方について、尾花市長は「あえて言葉を抜いたつもりはないが、始めにカジノという言葉を入れれば良かったとも思う」と指摘。さらに「今回、国が(法案審議で)もめる中で世論が一挙に形成されてきた。いま実施すれば違った数字が出るかもしれない」と述べた。

 市長は再調査の結果を誘致の是非を考える材料にする意向だ。

「産経WEST」のランキング