産経WEST

【衝撃事件の核心】女子大生ら被害数百人、わいせつ電話魔は72歳の配送業…宅配伝票で個人情報入手、「10年間毎日かけた」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
女子大生ら被害数百人、わいせつ電話魔は72歳の配送業…宅配伝票で個人情報入手、「10年間毎日かけた」

 顔の見えない相手に個人情報がもれている。その恐怖は計り知れない。10年間毎日、若い女性にわいせつな電話をかけ続けていた奈良市の元配送業の男(72)が11月、県迷惑防止条例違反容疑で奈良県警に逮捕された。「おばちゃんが男の裸の下半身を見てる。私も見たがなかなか…」。淫らな言葉を放ち、電話口で女性の悲鳴を聞く瞬間が男の至福のときだった。さらに悪質なのは、男が個人情報を知り得る配送業務という立場を悪用して犯行に及んでいたことだ。宅配伝票(送り状)から女性の住所や氏名、電話番号などを入手、実際に配送に訪れ相手の容姿などを事前に確認する用意周到さだった。

個人情報らくらくゲット

 「宅配便です」

 玄関を開け、配達員から荷物を受け取ってサインし、ドアを閉める。そんな普通の光景が恐怖の入り口であることを、被害女性の誰が想像しただろう。

 男はある大手宅配会社の孫請けとして、10月まで配送業を営んでいた。担当の配達区域は、学生向けワンルームマンションなどが目立ち、1人暮らしの女子大生も多いという。

 男はそこを狙った。個人情報の取り扱いが厳しい昨今、マンションの各部屋に表札が付いていることはまれで、オートロックの物件も少なくない。だが、男にとって若い女性がどの部屋に住んでいるかを知るのは簡単だった。配送車に積まれた荷物の山に貼り付けられた送り状は、個人情報の山だったからだ。

配達で好みの女性物色

 女性らしい名前、学生向けワンルームマンションの住所。これだけあれば、居住者の人物像について、ある程度の想像がついた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング